子宮筋腫 開腹手術 傷跡

子宮筋腫の開腹手術の傷跡について

スポンサーリンク

子宮筋腫とは女性特有の病気となっています。
この病気と診断されたときには手術による根本治療を行うほうが将来も安心して生活をすることができます。
しかし実際に根本治療をすすめられる人は全体の約5パーセントとなっています。
最近では医学の発達によって内視鏡での手術を受けることができるようになっているので、開腹手術を行うという人は全体の1割未満という低い数字となっています。
子宮筋腫の開腹手術とはどのようなものかというと、お腹を切って行われるものとなっています。
筋腫が非常に大きかったりその数が多いという時、また癒着が予想されるときには開腹手術が選ばれるようになっています。
この手術にはいくつかのメリットがありますが、やはりお腹の状態を直接確認することができるというのが一番となっています。
それは手術中に視野を広く取ることができるからです。

スポンサーリンク

また手術を安全で確実に行うことができます。
したがってどのような子宮筋腫へも対応をすることができる方法となっています。
癒着があるという場合にもしっかりと対応をすることができ、手術時間が短く出血量も少なくなっています。
しかしこれに比べて患者の体にかかる負担は大きくなっています。
お腹を開くと言うことで回復までの時間は少し長くなります。
また女性と言うことでお腹に傷跡が残るのではないかと心配になる人もいます。
開腹手術では横切開という方法がありますが、この場合には縦切開よりも傷跡が目立ちにくくなっています。
これに対して縦切開は患部の視界を広く取ることができ、手術そのものの安全性が高くなっています。
どのような筋腫にも対応することができ、癒着の程度が高いという場合にもしっかりと治療をすることができます。
手術の方法に関しては事前に医師と相談することが大切です。

スポンサーリンク