子宮 病気 頻尿 原因

子宮の病気と頻尿の原因について

スポンサーリンク

子宮の病気の中には、頻尿の原因となるものがあります。
例えば子宮筋腫は、頻尿を引き起こす代表的な病気です。
子宮筋腫になると一定の大きさの瘤が、膀胱や尿道などを圧迫するようになります。
このような圧迫症状が強くなると、頻尿の症状が見られることが多いです。
子宮筋腫は筋腫が出来た場所によって、様々な症状を引き起こす病気です。
背中側に出来た場合は、膀胱や直腸などを圧迫しやすく、頻尿や便秘の原因になります。
筋腫が小さいうちには、余り自覚症状が見られないのが一般的です。
生理痛や生理時の出血量が増えるなどの症状は、筋腫が小さくても起こり得ます。
頻尿や便秘などの圧迫症状が見られるのは、ある程度筋腫が成長してからです。
症状が気になる時には、婦人科で検査を受け、原因を正確に把握することが必要となります。
頻尿は他の病気が原因でも起こり得る症状であり、特に更年期前後や産後は症状に気を配ることが大切です。
筋腫が原因の場合には、然るべき治療を受けます。

スポンサーリンク

子宮筋腫の治療は、経過観察が基本です。
良性腫瘍であるこの病気でも、時間の経過とともに筋腫はゆっくりと大きくなります。
経過観察では、このようなスピードも見ながら、治療法を探っていきます。
貧血などがある場合は、鉄剤や漢方薬なども用いられます。
子宮筋腫の方は、実際貧血を患っているケースが多いです。
生理での出血量が多いことから、どうしても貧血傾向になります。
一時的にホルモン剤が使われることもあります。
根本的な解決法は、手術で筋腫の部分を摘出することです。
妊娠を希望する女性の場合は、筋腫だけを摘出します。
年齢が高い場合や悪性が疑われる時には、子宮ごと摘出することもあり得ます。
このような治療を受けることが、頻尿などの圧迫症状をなくすための一番のアプローチです。
子宮を残した場合は、再発することがあり、その後も定期的な経過観察が必要となります。
この病気は女性ホルモンが一つの原因となるため、閉経までは状態を見守ることが重要です。

スポンサーリンク