子宮 腫瘍 大きい 治療法

子宮の腫瘍が大きい時の治療法

スポンサーリンク

子宮に腫瘍が発生しているということがあります。
しかし子宮に腫瘍が発生しているからといって、必ずしも癌ということではありません。
良性の腫瘍のこともあるのです。
代表的な病気に子宮筋腫があります。
この子宮筋腫は女性の4人に1人は罹っていると考えられています。
良性の腫瘍ということで、それほど心配する必要はありません。
また、必ずしも手術をしなければいけないということではありません。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それは子宮の腫瘍が大きいという場合には、放っておくことができないのです。
子宮の腫瘍が大きいと言いうことになれば、手術をしなければいけないこともあります。
このときに10センチ以上というように大きいものになった場合には手術をしなければいけないと言われています。
このときには筋腫の数や症状や障害、この他には本人の年齢や健康状態を考えて治療法が決められています。
治療法に関してどのようなときに手術が必要になるか気になります。

スポンサーリンク

この病気は女性ホルモンによって大きい状態になります。
ですが、女性は45歳を過ぎると女性ホルモンが少なくなる傾向にあります。
支障がないという場合には手術をしないで経過観察で済む場合もあるのです。
女性は閉経をすると筋腫も小さくなります。
したがって手術という治療法は少なくなります。
病院を受診して貧血の症状などがある場合には、治療法として手術が選ばれることもあります。
治療法として手術が必要かどうかは、筋腫が大きいという状態などの個人差があります。
とくに貧血の症状が現れやすくなっているので、その点には十分な注意が必要となります。
これは血液検査によって分かるようになっています。
あまりにも貧血の症状がひどくなると命の危険もあるので、その場合には筋腫の大きさに関係なく手術という治療法が行われています。
腹痛や腰痛が激しかったり、頻尿や便秘が続くというような場合にも手術が行われています。
一度、病院を受診して、どのような治療がご自分の体に適しているのか、また、経過観察でも大丈夫か等、訊いておくと良いでしょう。
どうぞお大事になさって下さいね!

スポンサーリンク