デュファストン 子宮筋腫 効果

デュファストンの子宮筋腫への効果

スポンサーリンク

デュファストンは、プロゲステロンを補う薬として産婦人科では広く用いられています。
生理の乱れや更年期的な症状がある場合に効果が得られるのが、このデュファストンです。
デュファストンを服用すると子宮の壁が厚くなり、妊娠しやすい状態となります。
こういった効果を持つことから、デュファストンは不妊治療の際にも処方される薬の一つです。
子宮筋腫や子宮内膜症の方の症状を抑える効果もあり、治療の際に利用されるケースも見られます。
子宮筋腫がある方は、一般的に生理が重くなることが多いです。
重度の腹痛や腰痛、出血量の増加などが、典型的な症状として挙げられます。
子宮筋腫は、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの影響を受けやすい病気です。
デュファストンのホルモン調整効果は、そういった子宮筋腫の症状を和らげるのにも役立ってくれます。
子宮筋腫でのホルモン治療は、その効果と副作用のバランスを見ながら行うことが必要です。

スポンサーリンク

子宮筋腫における薬治療は、根本的な解決法としては不十分です。
デュファストンは、子宮筋腫に伴う痛みや大量出血などの症状を抑えます。
ですが、ある程度大きくなってしまった筋腫の場合、薬で治すことはほぼ不可能です。
薬の効果で一時的に小さくなったケースでも、服用をやめるとかなりの確率で元の大きさに戻ります。
副作用への懸念から薬の服用期間にも制限が出てくるため、長期間の使用は概して困難です。
手術などを控えている場合は、薬のメリットが大きくなります。
手術の時期に合わせて筋腫を小さくすることが出来れば、摘出もスムーズに行えます。
補助的な目的で行われることが多いのが、産婦人科での薬治療です。
子宮筋腫は更年期になると小さくなる傾向があり、年齢などを考慮しながら適した治療を選択することになります。
妊娠などを望んでいる場合は、さらにデリケートな配慮が必要です。
大きさや発生場所、症状などが治療法を決める際には重要になります。

スポンサーリンク