子宮癌 腫瘍 大きさ

子宮癌の腫瘍の大きさ

スポンサーリンク

子宮癌という病気があります。
これは子宮に腫瘍ができる病気となりますが、子宮癌の子宮の大きさが気になります。
子宮癌とはどのような特徴があるのかというと、癌が最初に発生した原発部位と呼ばれるところから少しずつ深く浸潤していくようになっています。
そしてその周辺のリンパ節や臓器に転移していくようになっています。
骨盤の中には卵巣や卵管や膀胱や直腸というように、たくさんの臓器があります。
したがって転移を引き起こしてしまうと、治療をするのが難しくなってしまいます。
子宮癌に関しては、初期の段階では症状が現れにくくなっているので、自覚症状が少ないと考えられています。
症状が現れたときには、すでに子宮癌の症状が進行していると考えるようにします。
子宮癌の腫瘍の大きさが気になりますが、腫瘍の大きさによって進行度を判断するようになっています。
癌の大きさや広がりや転移があるかどうかによって次のように分類されています。

スポンサーリンク

子宮癌は、癌が発生したところから子宮頸ガンと子宮体ガンというように分けられるようになっています。
その中で進行度は次のように分けられています。
クラス1といわれるものは、正常と考えられています。
クラス2は、炎症が見られる中で正常細胞に該当すると考えられています。
クラス3は、軽症や中程度の異形成細胞が確認できると言うようになっています。
クラス4は、ステージ0の癌として判断されるようになっています。
癌が一番浅い粘膜の中に発生しているという状態です。
これが進行すると、腫瘍の大きさが5ミリメートル以内というように変化していきます。
このように腫瘍の大きさによって進行度を判断するようになっていますが、できるだけ早期に発見することができるように、定期的に検診を受けると言うことが大切です。
最近では若い人の発症が多くなっているので、検診は非常に重要であると考えられています。
ここで腫瘍が小さい状態で発見されれば、早期に治療をすることができます。

スポンサーリンク