子宮 全摘出 病気 原因

子宮全摘出が必要な病気の原因

スポンサーリンク

女性の身体の中には子宮と呼ばれるところがあります。
これによって妊娠をしたり出産をすることができるようになっています。
しかしここに何らかの異常が発生すると、子宮全摘出をしなければいけないというようなこともあります。
このように全摘出をするということを病院で言われると、多くの人がとまどってしまいます。
非常に不安を感じることになりますが、病気や原因によっては子宮を全摘出しなければいけないことがあります。
これはどのような原因や病気が関係しているのかというと、子宮体ガンや子宮頸ガンというようなものとなります。
病巣が一部に限られているというような場合には、単純子宮全摘出と言うようになっています。
病気や原因によって全摘出をするかどうかという判断が行われるようになっていますが、実際に全摘出をするときにはどのような方法が行われているのか気になります。
開腹手術や膣式手術が行われています。
腹腔鏡手術も行われるようになっています。

スポンサーリンク

開腹手術はお腹を大きく切り開くという方法となります。
中の状態をしっかりと確認することができるので、安全に短い時間で手術を行うことができます。
膣式手術は、膣を通して器具を使って手術をするという方法になります。
傷が残らないと言うことで、術後の痛みも少なくなっています。
腹腔鏡手術は、腹部に数カ所穴を開けてそこから専用の器具を入れて手術をするという方法となっています。
傷跡が少なく術後の回復も早くなっています。
全摘出をしなければいけない病気や原因には次のようなものがあると考えられています。
個人の状態によって異なっていますが、子宮筋腫や卵巣ガンや卵管ガンなどがあります。
どのような治療方法になるかは、原因や病気にあわせて行われるようになっています。
しかし必ずしもすべて摘出しなければいけないということはありません。
今後の出産のためにできるだけ、子宮を残す選択が行われることもあります。
その際にはしっかりと医師と相談をする必要があります。
まずは病気や原因を特定することが大切です。

スポンサーリンク