子宮 腸 癒着 治療方法

子宮と腸の癒着の治療方法

スポンサーリンク

子宮内膜症という病気があります。
これは女性特有の病気となっています。
子宮内膜症はどのような特徴があるのかというと、本来は子宮の内側だけにある内膜細胞が、ほかの場所に発生してしまうという病気となっています。
この病気を発症すると体に様座穴症状が現れるようになっています。
重い生理痛というような症状が現れるようになったり、腰痛を感じることもあります。
また子宮内膜症では、腸との癒着が発生することがあります。
腸との癒着が発生したときには、腰痛が激しくなってしまいます。
また腸に癒着をすることで、ほかの部分に悪影響が出ることもあります。
したがって注意が必要となります。
子宮内膜症ははっきりとした原因がわかっていません。
子宮の内側以外に、内膜とよく似た細胞ができてしまうと、女性ホルモンの影響を受けて大きくなります。
そして月経の時にも体の外に排出されずにとどまると言うようになっています。
したがって治療が必要になります。

スポンサーリンク

主な症状としては月経痛ということになります。
レバーのような血の塊が発生するということもあります。
月経ではないときでも下腹部の痛みや腰痛や排便の際の痛みが発生するというようなことがあります。
この病気が発生しやすい場所は次のようになっています。
それは子宮の外側や卵管や卵巣などとなっています。
症状が進むと、直腸や小腸にまで広がっていきます。
その結果ほかの臓器とくっついてしまうというような癒着が発生することがあります。
腸と癒着することもあります。
腸全体が癒着してしまうと、激しい痛みが発生するようになっています。
したがって治療が必要となります。
痛みや吐き気というような症状を抑える治療のための薬が処方されることがあります。
体質改善を目的とした漢方薬が処方されるというような治療もあります。
しかし癒着が見られるときの治療方法は手術となります。
手術の治療方法としては主に腹腔鏡手術が勧められています。
この治療方法ですと、患者さんの身体に大きな負担をかけずに、卵巣嚢腫摘出や症状がひどい場合は卵巣摘出を行う事が出来ます。
ただし、その治療方法はそれぞれの患者さんの症状に応じて行われるので、一度産婦人科を受診して、ご自分に合った治療方法をご相談されると良いでしょう。

どうぞお大事になさって下さいね!

スポンサーリンク