子宮肉腫 急速に大きくなる 治療方法

子宮肉腫が急速に大きくなる時の治療方法

スポンサーリンク

女性特有の病気がいくつかありますが、その中で子宮肉腫という病気があります。
これはどのような病気であるかしっかりと理解をしていない人もいますが、子宮肉腫とは婦人科の悪性腫瘍の中でもよく知られているものです。
子宮体ガンの2パーセントから5パーセントという割合で、子宮体部に発症する悪性腫瘍と言うことになります。
子宮体ガンは子宮に内膜から発症するようになっていますが、子宮肉腫に関しては、内膜の奥にある筋肉から発症するようになっています。
これは発症しやすい年代というものがあります。
それは40歳から70歳までの幅広い年代で発症するようになっています。
同じ子宮体の中にある良性腫瘍となっている子宮筋腫と形が似ていると言うことで、子宮肉腫であると発見されることがない場合もあります。
したがって注意が必要となります。
子宮筋腫の手術を行った後に、子宮肉腫であると判明することもあります。
発生原因としては次のようになっています。

スポンサーリンク

子宮肉腫は、はっきりとした原因がわかっていません。
しかし今までに骨盤に対して放射線を照射した経験があるというような人は、発生する確率が高くなると考えられています。
代表的な症状は次のようになっています。
生理以外の性器出血や閉経後の不正出血があります。
おりものが増加したり下腹部に違和感があるというようなことがあります。
閉経後に急速に大きくなるということがあります。
閉経後に子宮が急速に大きくなると言うようなときには、この病気が疑われています。
閉経すると子宮は小さくなるのが基本ですが、急速に大きくなることがあります。
急速に大きくなったり不正出血などの症状がるときには、しっかりと検査を受けるようにします。
初期の段階では自覚症状がないので、急速に大きくなるときには進行している可能性があります。
急速に大きくなる前に発見するためには病院を受診します。
治療方法は次の3つに分類されています。
外科手術という治療方法と放射線を使った治療方法、このほかには化学療法という治療方法が行われています。
急速に大きくなるときには、放射線を使った治療方法を行ってまず小さくします。
そしてこれを手術で取りのぞくという治療方法が行われています。

スポンサーリンク