子宮腫瘍 髪の毛 正体

子宮腫瘍の髪の毛の正体とは

スポンサーリンク

子宮腫瘍と言えば、20代から30代の女性に発症する可能性がある病気です。
比較的良性のものが多く、時には悪性のものもありますが、よほどのものでなければ摘出することはありません。
摘出された子宮腫瘍の中には髪の毛が混ざっているものもあると言います。
この子宮腫瘍の髪の毛の正体はいったい何なのでしょうか。

 

 

 

【子宮筋腫の出来る理由】
子宮腫瘍はなぜ出来るのかということですが、これは女性ホルモンが関係していると言われています。
女性ホルモンの影響を受けることによって、子宮細胞になってしまうという説があるのです。
この理由についてはいまだ明確にはされてないところがあるのです。

 

 

【子宮腫瘍の治療】
これは最終的に不妊症の原因になる可能性があるため、出来れば早目に病院に相談しにいくことが大事です。
軽度ならば経過観察、状況によっては切除されることになります。

 

スポンサーリンク

 

【子宮筋腫と髪の毛】
実は子宮腫瘍を摘出したとき、髪の毛が混ざっているというケースがあるのですが、この髪の毛の正体は何なのでしょうか。
髪の毛の正体のひとつとしては、子宮細胞の異常で出来たものがその正体といわれているのです。
経皮毒と呼ばれる有害物質が関係しているとされており、これが皮膚から吸収されて血液に乗って全身にめぐり、最終的に子宮に溜まるのです。
そして、その毒素は子宮細胞に影響を与えて、子宮内部にあるはずのない髪を発生させる・・・と言うのが正体として有力です。

 

 

もうひとつの正体としては、子宮の防衛反応という説があるのです。
髪の毛は子宮を守る防衛の役割として生えているという考えがあるわけです。
子宮腫瘍から子宮内膜を守るために出来たのが髪の毛の正体とも言われているのです。

 

 

腫瘍を摘出したときに髪の毛があったらびっくりするかと思われます。
実際のところ、正体が厳密に判明しているわけではないですが、こうした説が有力なのです。
見たときにびっくりしないためにもこうした知識はある程度身につけておく必要があるわけです。

スポンサーリンク