子宮筋腫 髪の毛 原因

子宮筋腫に髪の毛がある原因

スポンサーリンク

子宮筋腫は、女性にしかない疾患です。
疾患の中身としては、子宮内に良性の腫瘍が出来てしまうと言うものです。
悪性ではないですから、すぐに取り除く必要はないのですが、大きさ的に数センチに及ぶものもあるため、出来れば対処をするのが望ましいです。

 

 

 

【子宮筋腫の原因】
子宮筋腫は20代から30代の女性に多く発症すると言われています。
その原因としては不明だと言うのですが、胎児のときに腫瘍の種が出来ることが原因ということがあります。
胎児のとき、何かのきっかけによって腫瘍の種が子宮内に出来るのです。
それが身体の成長に伴って腫瘍になるという説があるのです。
閉経後の女性、そして生理が始まる前の女性には子宮筋腫の患者がいないことから有力とされているのです。

 

 

【子宮筋腫の治療について】
子宮筋腫の治療ですが、軽度ならば経過観察が行われます。
もしもひどいようであれば摘出の手術が行われます。

 

スポンサーリンク

 

【髪の毛が絡む理由について】
子宮筋腫に髪の毛が絡むことがあると言います。
髪の毛が絡むというのは不思議な話ですが、いくつか原因があると言います。
そのうちのひとつが経皮毒と呼ばれるものの影響なのです。
シャンプーの有害物質がそれにあたるもので、髪の毛から吸収されてしまうのが原因です。
それから、取り込まれた物質は血液に乗って体内にめぐり、子宮にたどり着くわけです。
子宮筋腫の細胞はその毒の影響を受けることによって、本来そこにないはずの髪の毛を生成させてしまうというわけです。
そんなわけで、これを取り除いたときに髪の毛が出ることがあるわけです。
原因としてはこのようなところですが、子宮の筋腫は髪の毛が混ざっていると良い香りがすることが多いわけで、シャンプーが原因であることがはっきり分かる瞬間なのです。

 

 

 

子宮筋腫はそこまで危険はありませんし、摘出に関してもよほどの症状でなければ行われません。
ただ、髪の毛が混ざっている可能性があること、その原因についてはしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク