子宮肉腫 腫瘍マーカー

子宮肉腫と腫瘍マーカー

スポンサーリンク

子宮に関する病気はたくさんあります。
その中で初期の段階で何らかの自覚症状がある場合には、適切な処置をすることができるようになっています。
しかし自覚症状がないというような病気もあります。
その中の一つが子宮肉腫という病気となります。
毎日の生活の中で少しでも体に変化があるというような場合は、病院を受診して詳しい検査を受けるようにします。
これが早期発見につながります。
早期発見ができれば、早期治療をすることができます。
子宮肉腫という病気がありますが、これは悪性腫瘍になるので、命に関わることもあります。
したがって十分な治療が必要になると考えられています。
子宮肉腫であるかどうかを確認する必要がありますが、そのためには病院の婦人科を受診するようにします。
婦人科ではさまざまな検査が行われるようになっています。
その中で子宮体ガンにあわせた検査が行われています。
細胞診であったり組織検査や超音波検査と言うことになります。

スポンサーリンク

このほかに婦人科では、MRIやCT検査が行われるようになっています。
血液検査も同時に行われ、LDH値が確認されるようになっていますが、これは腫瘍マーカーということではありません。
腫瘍マーカーとはなっていませんが、子宮肉腫が進行すると、一緒に値が上昇するようになっています。
子宮肉腫の場合には、腫瘍マーカーではなくLDH値が参考にされることが多くなっています。
この病気は、すでに子宮筋腫として発見されていることもあります。
その中で経過観察が行われているというのも珍しいことではありません。
その腫瘍に関して良性なのか悪性であるのかをしっかりと判断する必要があります。
このときに一つの目安となっているのが、腫瘍マーカーということになります。
子宮肉腫では、腫瘍マーカーなども参考にしながら診察が行われるようになっています。
腫瘍マーカーで腫瘍があることがわかれば、治療方法として手術が行われています。
すべてを摘出したり両側の付属器を摘出するというような方法が選択されています。

スポンサーリンク