子宮筋腫 水が溜まる 病気 原因 治療方法

子宮筋腫〜水が溜まる病気の原因と治療方法

スポンサーリンク

子宮筋腫という病気は、女性ホルモンの影響で出来る良性腫瘍を言います。
日本人女性の四人に一人は発症すると言われるポピュラーな病気の一つです。
女性ホルモン分泌により大きくなるため、閉経と供に自然に縮小していきます。
また、良性腫瘍なので生命に危険を及ぼす病気ではありません。
この病気の症状は、過多月経、月経痛、貧血、排尿障害、腰痛、便秘、不妊、流産等があります。
治療方法は、手術、ホルモン療法があります。
治療方法は、年齢、症状の程度、妊娠希望等の条件により選択されます。
この病気により水が溜まる事があります。
筋腫内に水が溜まる事を「子宮筋腫の変性」、筋腫外に水が溜まる事を「腹水」と言います。
まずは筋腫内に水が溜まる「子宮筋腫の変性」についてです。
筋腫が大きくなり酸素不足や栄養状態が悪くなると多様に状態が変化します。
これを子宮筋腫の変性と言います。
変性の一つに筋腫内に水が溜まる「水腫変性」があります。
水が溜まる事で、激しい傷みや常に下腹部の痛みがある等の症状が出ます。
また、変性により壊死した箇所から細菌感染したり、炎症を起こしたりすることもあります。
下腹部痛や炎症が起きている状態が持続する場合は、手術等の治療方法も検討されます。

スポンサーリンク

子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、稀に悪性に変性することがあります。
悪性変性したものが「子宮肉腫(がん)」です。
悪性変性すると手術という治療方法が選択される可能性が高くなります。
変性時には強い痛みを感じることが多いので、早めに医療機関に受診して適切な治療方法を検討しましょう。
治療が早いほど治療方法の選択肢に幅が広がります。
次に、筋腫外に水が溜まる「腹水」についてです。
「筋腫外に水が溜まっている」と聞くと、「大きな病気なのでは」と心配になる人が多いと思います。
本来、健康な人でも多少の腹水が溜まっています。
腹水が溜まっていると、お腹が張ったり、お腹が出たりします。
しかし、傷みなどの症状はありません。
腹水が溜まってしまう原因は、心臓・肝臓・子宮肉腫(がん)などによる場合が多いです。
実際に何が原因かは腹水を抜いて検査をしないと分かりません。
腹水自体は病気ではありませんが、検査により病気が発覚したらその治療をしなければなりません。

スポンサーリンク