子宮 大きい 病気 症状

子宮が大きい状態になる病気とその症状

スポンサーリンク

病院で検査を受けた結果、子宮が大きいと言われたことのある女性は、世の中に少なくありません。
これは病気の可能性があります。
その中でもポピュラーな存在なのが、子宮筋腫です。
この病気は30歳以上になると、三人に一人はなっていると言われるもので、悪性になることはほとんどありません。
その症状としては、生理の際の出血、その量が増える、というものです。
出血が多いと、それだけ貧血を起こす可能性が高くなります。
しかし生理のときに体調が悪いのが当たり前になっている人だと、異変に気づかないこともあります。
これに関連する症状で、生理痛がひどくなる、というのがあります。
これは強烈なものになると、生理の間は寝たきりになる、ということもあります。
大きい痛みがずっと続く、痛みのレベルが年々向上しているように感じる、というのであれば、専門医の診察を受けるようにしましょう。
一人きりで我慢を続けていても、大きい痛みは取り除けないというのを意識することが肝要です。

スポンサーリンク

子宮が大きいと言われる病気としては、子宮内膜症もあります。
これは子宮の内膜が卵巣など他の部分にできることがその症状となります。
この病気は若い女性の間で広まる傾向にあり、20代でそれをわずらってしまった、という人は珍しくなくなっています。
この病気の症状としては、性交の際に大きい痛みを感じる、排便の際に苦痛がある、腰に痛みが走るというのがあります。
子宮が大きいと言われるようになる病気としては、子宮腺筋症もあります。
これになると、他の病気と同じく生理の際に強い痛みを感じるようになると言われています。
これになりやすい人としては30代以降の出産及び中絶経験のある人だと言われています。
つらい症状が続くことから、それが強いストレスになりやすいと言われています。
子宮の病気の症状は、このように生理の際に激痛を発するのを共通の特徴としています。
デリケートな部分の問題であるだけに、他人には相談しづらいものですが、定期的な検診を受けることなどで、苦痛を和らげることが可能になります。
そこを意識しておきましょう。

スポンサーリンク