子宮 大きい 原因 対処方法

子宮筋腫が大きい原因の対処方法

スポンサーリンク

子宮筋腫は女性の病気の中で、調べてみるとたくさんの人がもっている病気の一つです。
気づかずに過ごしている人も多いと言われています。
成熟期の女性に多く、40歳代の女性では4人に1人は持っていると言われる病気です。
大きさも米粒ほどの大きさもあれば、大きい人ではこぶし大ほどの大きい筋腫を持っている人もいます。
痛みのある人もいれば大きい筋腫でも痛みの伴わない人もいます。
原因は今のところわかっていません。
いろいろな見解があり、原因としては細胞が異常な増殖を始めるのではという人もいますが、多くの子宮筋腫の出現は、初経が始まった後くらいに出現してくるところを見てくると、生まれつきの素因にホルモンの影響が関係して来るのが原因ではと言われています。
この筋腫ですが、摘出してもまた別の筋腫が出来る人がいるので生まれつきの体質が原因であるのではと考えられてもいます。
昨今は画像診断技術が発達して、MRIを用いて発生状況を見ることができます。
発生原因は解りませんが、子宮筋腫の場所や大きさの診断には今までのように診断名を付けにくい状況とは異なり付けやすくなってきました。

スポンサーリンク

子宮筋腫ですが、大きく3種類に分けられます。
一番多いのが、子宮の筋肉内に発生して大きい塊になっていく筋層内筋腫です。
次に多いのが、子宮の外側に向かって成長する漿膜下筋腫、一番数が少ないですが症状が強く現れる子宮の内側にむかって発達していく粘膜下筋腫です。
一般的には月経がダラダラ続き、月経血量が多く、貧血があり、月経痛がひどいという症状により気付くことが多いです。
対処方法は婦人科系の病院でまずは検査をして、自分の体の状態を把握する必要があります。
最近は画像診断ができるので、原因となっている筋腫等の場所や状態をMRIにより把握し、対処方法を考えることができます。
大きいか小さいかとか場所はどの辺りかもよくわかるようになりました。
CTとは異なるMRIの画像診断装置を使う事が増えて、子宮への被爆の危険性も無く安心して原因や対処方法を導く手助けをしてくれます。
治療法には、ホルモン療法等の薬物療法や大きい筋腫の場合の対処方法としては開腹手術、小さい場合の対処方法は腹腔鏡や内視鏡の施術もあります。
多くの場合は経過観察で、生理痛の対処方法としての鎮痛剤の服用と状況に応じた薬物療法も多く、筋腫の大きくなる状況を観察しながら次の対処をしていくという計画で通院というケースも多いです。

スポンサーリンク