子宮 卵巣 全摘 後遺症

子宮や卵巣の全摘の後遺症

スポンサーリンク

何らかの病気が原因となって、子宮や卵巣を全摘しなければいけないということがあります。
子宮や卵巣というのは女性特有の臓器となっていますが、これを全摘することで体にどのような影響が出るのか気になります。
子宮に腫瘍ができたり卵巣に腫瘍ができたときには全摘出をしなければいけないことが多くなっています。
これで再発を防ぐことができるようになっています。
子宮を全摘出する可能性がある病気としては、子宮筋腫や子宮内膜症があります。
このほかには卵巣ガンなども全摘出ということになります。
これらは大きな手術と言うことになっています。
したがっていくつかの後遺症が発生する可能性もあります。
全摘出したときには、体にいくつかの後遺症が現れることがあります。
卵巣の機能が低下すると言うことになるので、卵巣の機能が低下して心臓や血管に疾患が現れるという後遺症が考えられています。
またこのほかに考えられる後遺症としては、ホルモンバランスが乱れると言うことがあります。

スポンサーリンク

女性ホルモンなどのホルモンの分泌に関しては、子宮ではなく卵巣が行っています。
したがって卵巣が残っているということであれば、ホルモンは分泌されるということになります。
しかし手術を行った後にはホルモンバランスが乱れてしまうということもあります。
ホルモンが乱れてしまったときには、薬でそれを整えることができるようになっています。
年齢を重ねることで女性は更年期を迎えますが、このときにもさまざまな症状が現れるようになっています。
泌尿器の異常というような後遺症もあります。
膀胱炎になる可能性があります。
しかしとくに心配する必要はなく、水分をしっかりと摂取すると言うことで予防をすることができます。
手術を行った後に頻尿というような後遺症が現れることがありますが、この場合には泌尿器科や産婦人科の医師にしっかりと相談をすることが必要となります。
手術後にはホルモンバランスが乱れることがありますが、その結果腰痛を感じることもあります。
この場合も、担当医にこまめに相談することで、対処していきましょう。

スポンサーリンク