子宮内膜 厚い 病気 原因

子宮内膜が厚い病気の原因

スポンサーリンク

子宮内膜が厚いと診断されることがあります。
子宮内膜が厚いと言うときには子宮内膜増殖症と言う病気の可能性があります。
これはどのような病気となっているのかというと、子宮内膜が異常に分厚くなって増殖してしまうというものとなっています。
その結果体にさまざまな症状が現れるようになっています。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、この病気は月経の際に出血量が多くなります。
このほかには不正出血などの症状があります。
これが原因となって貧血や倦怠感を引き起こすこともあります。
内膜を構成しているという細胞に異常があるときには、子宮内膜異型増殖症と呼ばれるようになっています。
なぜこのような症状が現れるかの原因に関しては、この病気は、卵胞ホルモンが関係していると考えられています。
このホルモンが原因となって、増殖して厚い状態になると考えられています。
子宮内膜が、卵胞ホルモンへの感受性が強くなると言うことが原因で、さまざまな症状を引き起こします。

スポンサーリンク

原因がホルモンと言うことで、しっかりとした治療が必要になります。
子宮内膜が厚いと言うことは、冷えやストレスなどによるホルモンバランスが乱れているというのが原因となっています。
ホルモンバランスによって内膜が異常に厚い状態となって増殖します。
体が冷えたり疲れやストレスがたまったり血液の循環が悪いというような場合は注意が必要となります。
このほかにはホルモン剤を使ったり月経不順が原因となっています。
この病気はどのようにして診断をするのかというと、子宮の超音波検査になります。
この病気は問診で症状を聞いてその結果超音波検査が行われるようになっています。
子宮が厚いというような異常が発見された場合には、細胞検査が行われるようになっています。
子宮内膜の細胞診検査は、組織を専用の綿棒やチューブを使って採取して行われています。
治療法としては薬物治療があります。
経過観察が行われることもありますが、その場合は3ヶ月から6ヶ月に1回検診を受けるようにします。

スポンサーリンク