腹腔鏡手術 子宮筋腫 大きさ

腹腔鏡手術の子宮筋腫の大きさについて

スポンサーリンク

子宮は内膜や筋層などのいくつかの層によって構成されています。
この中で筋層部分に関しては平滑筋という組織でできています。
女性は結婚をして妊娠することがありますが、妊娠したときに赤ちゃんの成長に伴って、子宮が大きく伸びたり出産した後に子宮が収縮して元の大きさに戻ると言うことが行われています。
これは平滑筋の働きとなっています。
子宮は重要な働きを担っていると言うことが分かりますが、この平滑筋が腫瘍として大きくなることがあります。
この大きくなった腫瘍のことを筋腫といいます。
子宮筋腫という病気になりますが、これは成人日本人ではたくさんみられる物となっています。
30代や40代の女性の30パーセントから50パーセントに認められるようになっています。
子宮筋腫に関しては良性の腫瘍です。
大きさやできる場所によって種類に分けることができます。

スポンサーリンク

それは漿膜下筋腫と筋層内筋腫と粘膜下筋腫になります。
子宮筋腫のはっきりとした原因は分かっていませんが、女性ホルモンの一つとなっているエストロゲンの影響を大きく受けているとされています。
したがって筋腫の薬物療法としてエストロゲンの分泌を抑える薬剤が使われています。
これによって個人差があるものの筋腫が小さくなることがあります。
薬物療法の他に手術療法が治療として行われることがあります。
それは月経の量が多いときや不妊症の患者などに行われています。
最近では腹腔鏡手術も広く行われるようになっています。
腹腔鏡手術では、おへその下に2センチメートル程度の傷を付けて、そこから腹腔鏡というカメラを入れて筋腫をくりぬくという手術が行われています。
他に2カ所から3カ所の小さな傷から電気メスやはさみを入れて筋腫をくりぬきます。
傷口が小さく患者の負担が小さいというのがメリットです。

スポンサーリンク