子宮筋腫術後の癒着症状

子宮筋腫術後の癒着症状について

スポンサーリンク

子宮筋腫という女性特有の病気がありますが、治療のためには手術を行うかホルモン療法を行わなければいけないと考えている人がいます。
しかししっかりとこの病気を理解することで、体に負担をかけずに治療を進めていくことができます。
食習慣を改善したりストレスを解消することで子宮筋腫を改善させることもできます。
しかし筋腫の大きさがあまりにも大きすぎると手術で取り除かなければいけなくなります。
大きくなった筋腫によって生理痛がひどくなったり出血量が多くなったり、また不妊の原因となっていることがあるからです。
この場合には治療方法として手術が選択されます。
病院や筋腫の状態によって手術方法は異なっています。
多くの場合開腹手術が行われるようになっていまが、最近では回復が早く患者への負担が少ない腹腔鏡手術も広く行われるようになっています。

スポンサーリンク

手術を受けた後に気になるのが、子宮筋腫術後の癒着症状になります。
子宮筋腫術後の癒着症状として考えられるのは下腹部の痛みになります。
下腹部の痛みに関しては、手術の結果生じた癒着で起こることがあります。
したがって痛みが続くというようなことがあれば、医師に相談するようにします。
短い時間であってもさし込むような痛みがあり、その後は痛みがだんだんと消えていくというような場合には、腸の動きによって一時的に痛みが発生していると言うことが考えられます。
このときの対処法としてはあまり薬を使わないと言うことです。
痛みが和らぐのを待ちます。
基本的に時間の経過と共に痛みが治まるようになっていますが、あまり神経質にならずに適度な運動などを行って、あまり痛みに集中しないように気を紛らわすようにします。
癒着を防ぐためにはできるだけ体を動かすようにします。

スポンサーリンク