子宮筋腫 10センチ 重さ

子宮筋腫の重さに関わらず10センチ以上なら手術の対象になります

スポンサーリンク

婦人科系の病気と一口に言っても、様々な種類があります。
その中の一つに「子宮筋腫」と呼ばれるものがあります。
子宮筋腫とは、その名の通り子宮の中に出来た筋腫のことを言います。
40代前後から発症するケースが多く、女性の4人に1人は発症しているとも言われています。
子宮の内側は、筋肉で出来ていますが、この筋肉の細胞が異常に増殖すると腫瘍化してしまうこともあります。
なぜ、筋肉が増殖するのかは明らかにされてはいませんが、ホルモンが影響しているのではないかとも言われています。
なお、筋腫の大きさについては、数mmと小さいこともあれば、10センチを超えることもあります。
また、重さも腫瘍の大きさにより異なります。
良性の腫瘍ではありますが、10センチを超えるほど大きく成長した場合には、子宮の働きを邪魔してしまったり妊娠しにくくなることもあるため摘出手術が行われることもあります。

スポンサーリンク

治療法としては、薬物療法と手術の2つが挙げられます。
薬物療法の場合は、女性ホルモンのバランスを整え、筋腫が大きく成長するのを抑制するということになります。
ホルモンの分泌を抑えることにより、筋腫の重さを軽減させることが出来ます。
なお、薬物療法では、注射もしくは鼻への噴霧、内服薬を選択することが出来ます。
医薬品の力で強制的にホルモンの分泌を抑えるという治療法であるため、更年期障害のような症状が見られる可能性もあります。
また、根本的な解決にはならないため、再発する可能性もあります。
手術では、筋腫のみを取り除く方法と子宮を全て摘出する方法とがあります。
子宮を摘出することで再発することはありませんが、妊娠をすることも出来なくなりますので、妊娠を望むという場合には筋腫のみを取り除く方法が選択されることが多いようです。

スポンサーリンク