子宮筋腫 検査 生理中

子宮筋腫 生理中の症状と検査

スポンサーリンク

子宮筋腫は月経のある女性の4人に1人にできるといわれ、女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けるため、一番多い年代はは30〜40代といわれています。
子宮筋腫自体は良性の腫瘍であり、婦人科系腫瘍の中ではもっとも頻度の高い疾患です。
できる場所によっては全く症状がなく、気づかないうちにできており、たまたま受けた検査で見つかることも多いです。
しかし場所によっては不妊の原因になる場合もあるので早期発見が肝要です。
筋腫自体は生命を脅かすものではありませんが、放置しているうちに徐々に筋腫が大きくなったり数が増えたりすると、生理中などに、さまざまな症状を引き起こす場合があります。
まず生理中の月経量が増えます。
筋腫の出来る場所によっては、頻尿、腰痛、流産、不妊を引き起こす場合もあり、普段と違う症状があれば、まず受診し検査を受けることが大事です。

スポンサーリンク

子宮筋腫による生理中の不調は、過多月経や激しい痛み、貧血等があります。
生理中の様子は人と比べることが難しい為、我慢したり症状が出ても放置してしまいがちですが、いつもと違う症状が出たときは、なるべく早めに検査をうけることが大切です。
子宮筋腫の有無は、超音波エコー検査で容易に診断することができ、場合によってはCTやMRIなどの画像を参考にすることがあります。
子宮筋腫と診断されても、筋腫自体は良性の腫瘍であり発育もおだやかなので、経過観察のみで、特に治療を必要としないことも多いです。
治療が必要となった時は、薬物による保存療法と、手術療法となります。
筋腫に対しての手術は、単純子宮全摘出が基本となりますが、挙児希望の場合、子宮を残して筋腫のコブだけを取る、筋腫核手術を行います。
筋腫を薬物療法で完全に治すことはできませんが、薬物療法である程度筋腫を小さくする効果も期待できますし、年代によっては意図的に更年期状態にし、そのまま閉経に逃げ込み手術をせず筋腫の縮小を目指すこともあります。

スポンサーリンク