子宮筋腫検査 痛い

子宮筋腫検査が痛い場合の対処方法について

スポンサーリンク

子宮筋腫検査についての記述です。
子宮筋腫とは女性特有の臓器である子宮に筋腫が出来る症状です。
子宮とは女性のみにある臓器で、子供を妊娠した場合にはこの臓器の中で子供が成長します。
筋腫はある程度の年齢を重ねた女性に多く発生することが知られています。
また閉経後は筋腫が大きくならないケースが多いです。
筋腫が発生した場合には状況を確認することが重要です。
子宮筋腫検査は膣口を開けてエコーで内部を検査する形式となります。
痛みには個人差があります。
膣口を開ける器具を挿入する際や内部の器具移動の際に痛いと感じる方もいます。
そういった場合には、医師に予め伝えておくことで痛い状況を緩和することが可能です。
検査を行う事で筋腫の個数や場所、大きさを知ることが可能です。
閉経以前ですと、筋腫が成長する事もあるため定期的な検査を行います。

スポンサーリンク

筋腫が発生した場合に多い症状としては月経時の痛みや出血量の増加などがあります。
また子宮内での筋腫の位置によっては妊娠に関連する事もあります。
大きさが一定以上で必要がある場合は筋腫の摘出を行う手術を行うケースもあります。
そういった判断などは医師の診断に従う事が有益です。
また単独で子宮筋腫検査を行う以外にも、子宮がん検診や頸がんの検診などと同時に行うことも可能です。
どの検査も膣口を開けるスタイルで行うものです。
検査時期が同じで可能な場合は、一度に検査を行うことでスムーズな検査を行う事が可能です。
問診や受付の際に検査時の痛みに関する相談などを行うと対応をしてくれるケースが多いです。
婦人科などでの検査が多いため、受付には女性が多いことがあります。
医師が男性で伝えにくいと感じる場合などは看護師や受付の女性などに相談を行うと良いです。

スポンサーリンク