子宮筋腫核摘出手術後 生理

子宮筋腫核摘出手術後と生理の再開について

スポンサーリンク

子宮筋腫核摘出手術の前には、注射薬を用いて筋腫を小さくする処置をすることがあります。
このような処置をすることで筋腫をある程度小さくすることが可能です。
従って、場合によっては腹腔鏡手術が適用になるケースも出てきます。
この注射薬をは、女性ホルモンの働きを抑制するという点が特徴です。
子宮筋腫はホルモンの刺激を受けて増大する傾向があるため、こういった注射薬の使用はメリットがあります。
子宮筋腫核摘出手術後にどの程度の期間で生理は始まるかには、個人差があるのが一般的です。
ホルモンの作用を抑える注射薬を使用している場合には、多少生理の始まりが遅れることもあります。
通常であれば子宮筋腫核摘出手術後約1ヵ月の間に生理が再開されるケースが多いです。
こういった再開までの期間は実の所ケースバイケースであるため、余り気をもみすぎる必要はないと言えます。

スポンサーリンク

子宮筋腫核摘出手術後に妊娠を希望する場合には、一定の期間避妊を勧められることがあります。
これは手術の際に傷ついた子宮が、胎児の発育に従って大きくなることで生じてくる子宮破裂などを防ぐためです。
子宮筋腫核摘出手術後には、こういった細かい点いも配慮する必要があります。
このような問題を防ぐために、子宮筋腫核摘出手術後の出産では、念のために帝王切開が選択されることが多いのが現状です。
一方、場合によっては自然分娩が可能な場合もあります。
適した方法は個人の状態によって異なるため、医師との相談の上決定していくことが大切です。
このような手術の後に、再び筋腫が再発してくるケースも多々あります。
その場合はまた状況に応じた選択をしていくことになるのが一般的な流れです。
閉経にかかってくる年齢であれば、以後は筋腫が成長しないことも考えられます。

スポンサーリンク